日焼けで乾燥し肌がかゆい時はシートマスクで保湿!

一年中降り注ぐ紫外線。
特に紫外線量が増加する春先から夏にかけては紫外線対策をしっかりする必要があります。
紫外線対策としては、長時間外で過ごす時はこまめに日焼け止めを塗り直したり、帽子や日傘を使うという方法が基本です。
しかしながら、しっかり対策をしたと思っても気が付いたら日焼けしてしまったという経験をしたことがある人もいるはずです。
紫外線を浴びて日焼けした肌は、いわば火傷をしている状態です。
角質層が傷つき、保湿機能が低下してしまうことから、肌から水分が奪われてしまいます。
人によっては肌が赤くなり、かゆみが出て、ただれたりしてしまうこともあります。
そのため、日焼けをしてしまった後はダメージを最小限にするためにも、肌が乾燥してかゆいと感じる前にきちんとお手入れすることが大切です。
まずは冷水や氷で冷やすなどしっかりクールダウンさせましょう。
日焼けで火照った肌はクールダウンするまでに思ったよりも時間がかかります。
全身の日焼けをしてしまった場合は冷水のシャワーを少し長めに浴びるようにして、火照りを冷ましましょう。
ダメージを受けた肌から奪われた水分を補うためにも、しっかりとした保湿が次に必要となります。
特にシミやシワができやすい顔はしっかりと保湿しましょう。
この時にシートマスクを使うことをおすすめします。
手やコットンを使ってパッティングしても良いのですが、シートマスクをすることで、肌にたっぷりの水分を浸透させることができます。
近年、様々なシートマスクが販売され、高価なものからお手軽なものまで自分のニーズに合わせて購入することができます。
お気に入りのシートマスクを見つけて、しっかり保湿をしてぷるぷるの肌を手に入れましょう。