肌年齢を若くすることで、若く見える!

顔を洗っている女性

人は1年1年、確実に年齢を重ねて行きます。
ですが、見た目の年齢は毎年、重ねられるという訳ではありません。
肌年齢を若く保てば、実際の年齢よりも大幅に若く見られるのです。
例えば、シミが出来てしまうとファンデーションや、コンシーラーでカバーしようという方も多いでしょう。
出来てしまったシミは隠したいものですが、ベースメイクの厚塗りは余計に老けた印象を与えてしまいます。
事前にシミが出来ないよう、紫外線対策や美白ケアを行っていれば、ベースメイクも厚塗りにならず結果、実年齢より若く見られる事に繋がるのです。
また、シミだけでなくシワも見た目年齢を引き上げてしまう、大きな要因となります。
特に大きく深いシワとなる、ほうれい線は1cm伸びると5歳も老けて見られると言われている程です。
逆にほうれい線さえ薄ければ、実際の年齢より5歳は若く見られるという事になります。
肌が若々しければ、気持ちまで若返ります。
イキイキとして見える方は、それだけで若く見えますし、また魅力的です。
ですので、肌年齢を若くできるように日頃から、アンチエイジング対策を十分に行いましょう。
スキンケアで美白化粧品を使えば、シミの予防に効果的です。
シワやたるみが気になる場合は、コラーゲンや大豆イソフラボン、プラセンタエキスといった美容サプリメントを、取り入れてみるのも良いでしょう。
また、出来てしまったシミやシワ、たるみが気になるという場合は、美容整形やプチ整形、美容医療を受けてみる事も1つの手段としておすすめです。
メスを使う美容整形であれば、10歳以上の若返り効果が期待できます。
プチ整形・美容医療も年々、アンチエイジング効果が高まっています。
また、肌だけではなく、身体全体をケアすることもアンチエイジングには重要です。
身体を整えることで健康状態が保たれ、肌年齢も若返ることに繋がるからです。
そんな心身を整えるエイジングケアにアーユルヴェーダがおすすめです。
アーユルヴェーダはインドが発祥の伝統的医学で、人間がもつ3要素のドーシャのバランスが崩れることで身体に不調が起きるとされ、そのドーシャバランスを整えることによって不調を改善していくというものです。
アーユルヴェーダでは主に食事療法やオイルマッサージなどを行います。
オイルマッサージで用いられるオイルには、生の白ごまから作られるセサミオイルなどがあり、どれも天然素材のものなので肌にとても良くアンチエイジング効果もあります。
日本でもそういったオイルマッサージを受けることのできるサロンがいくつかあるので、一度体験してみると良いでしょう。